IPv6

スポンサーリンク
Synology NAS 基本

Synology NAS 内向きDNSの設定

DDNSから取得できるIPアドレスは、インターネット側からアクセスできるグローバルアドレスとなり、このアドレスを使用してローカルLAN内のデバイスからSynology NASへのアクセスはできないため、ローカルLAN内では、DDNSで設定したのと同じドメイン名でローカルIPアドレスを取得できるように、内向きDNSを設定します。
ホームネットワーク

フレッツv6オプションのパケットフィルタ設定

フレッツv6オプションのパケットフィルタ設定は、デフォルトで網内折り返し通信を通す設定となっています。セキュリティ上問題があるため、設定を変更することを推奨します。
Synology NAS 応用

MyDNS.JPによるドメイン名の設定

SynologyのDDNSにドメイン名を設定してインターネットからアクセスできるように設定しましたが、このドメイン名はNASアクセス専用とし、ブログサイト用のドメイン名は別の名称としたい。しかし、SynologyのDDNSについてはNAS1台につき1つのドメイン名しか設定できません。よって、別のDDNSにドメイン名を設定して外部からのドメイン名アクセスができるようにします。ここではDDNSとして「MyDNS.JP」サービスを利用してSynologyNASにドメイン名を設定する手順を記載します。
ホームネットワーク

「V6プラス」(IPoE方式でのIPv4通信) を無効にする

フレッツ光で提供されている「V6プラス」(IPoE方式によるIPv6インターネット接続とともに、トンネリングを使用したIPv6接続を介したIPv4接続)については、IPv4通信が高速化するメリットがありますが、IPv4アドレスを複数ユーザで共有する仕様により、IPv4アドレスをDDNSに登録して外部からアクセスする用途には不向きです。よって、「V6プラス」を無効化して従来のPPPoE方式に設定変更を行います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました