Synology NAS 応用

スポンサーリンク
Synology NAS 応用

Synology NASでのWordPress(本家版)を用いたWebサイト構築

Sylogogy NASでWordPressを用いたWebサイトの構築を行います。今回はSynology NASのDSM(DiskStation Manager)で提供されているパッケージを使用せずにWordPress.orgからダウンロードした本家版をインストール・セットアップします。
Synology NAS 応用

Synology NASで構築したWebサイトに独自ドメイン設定およびLet’s EncryptによるHTTPS化設定

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上でのWebブラウザとWebサーバー間の通信を暗号化し、データをやりとりする仕組みのことです。SSL対応されているWebサイトは、URLが「https://」となります。Webサイトを運営するにあたりHTTPS化は必須となっていますので、本記事ではSynology NASで構築したWebサイトに独自ドメインを設定し、Let's Encryptによる常時HTTPS化設定を行います。
Synology NAS 応用

Synology NASでのWordPressを用いたWebサイト構築

Sylogogy NASでWordPressを用いたWebサイトの構築を行います。WordPressを実行するためには、実行環境としてLAMP環境(「Linux」、「Apache」、「MySQL」、「PHP」)を構築することが必要となりますが、Synology NASではインストーラーにより簡単にインストールすることが出来ます。
Synology NAS 応用

MyDNS.JPによるドメイン名の設定

SynologyのDDNSにドメイン名を設定してインターネットからアクセスできるように設定しましたが、このドメイン名はNASアクセス専用とし、ブログサイト用のドメイン名は別の名称としたい。しかし、SynologyのDDNSについてはNAS1台につき1つのドメイン名しか設定できません。よって、別のDDNSにドメイン名を設定して外部からのドメイン名アクセスができるようにします。ここではDDNSとして「MyDNS.JP」サービスを利用してSynologyNASにドメイン名を設定する手順を記載します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました