Web

スポンサーリンク
Synology NAS 応用

Synoloy NASでDockerを用いたWordPressサイトの構築

Synology NASにてWordPress Webサイトの構築方法として、Synologyのパッケージを用いる方法および、WordPress.orgからダウンロードしたWordPressを用いて構築する方法を紹介してきましたが、第3の方法として、Synology DSMで提供されているDockerパッケージをインストールしてDockerコンテナとしてWordPress Webサイトを構築する方法について紹介します。
Synology NAS 応用

Synology NASでWordPress Webサイトのテスト環境構築

WordPressを用いたWebサイトの公開を行うと、日々の記事更新以外にテーマやプラグインのアップデートや、サイトの見た目を変更するなどを行う機会があります。これらの作業には失敗したり、アップデートを行ったことにより動作しなくなるなどのリスクがあるため、本番サイトを複製したテスト環境を準備し、テスト環境であらかじめ検証をして、問題がないことを確認してから本番サイトに展開するといった運用を行うこととしました。
Synology NAS 応用

Synology NAS WordPress Webサイトのクラッシュと、Hyper Backupによるバックアップからの復元

人為的な作業誤りによりWordPressのWebサイトがクラッシュしました。Synology NASのHyper Backupによるデイリーバックアップを実施していたため、Hyper Backupのバックアップから復元を行い、無事Webサイトを復旧することが出来ました。
Synology NAS 応用

Synology NASにリバースプロキシを設定して他ホストのWebサーバを中継する

Webサーバとしての役割を搭載できるホストはローカルネットワーク内で1台となりますが、リバースプロキシを導入することにより、アクセスされるドメイン名(ホスト名)毎に別々のWebサーバに、外部からのリクエストを中継することが出来ます。
Synology NAS 応用

Synology NASでのWordPress(本家版)を用いたWebサイト構築

Sylogogy NASでWordPressを用いたWebサイトの構築を行います。今回はSynology NASのDSM(DiskStation Manager)で提供されているパッケージを使用せずにWordPress.orgからダウンロードした本家版をインストール・セットアップします。
Synology NAS 応用

Synology NASで構築したWebサイトに独自ドメイン設定およびLet’s EncryptによるHTTPS化設定

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上でのWebブラウザとWebサーバー間の通信を暗号化し、データをやりとりする仕組みのことです。SSL対応されているWebサイトは、URLが「https://」となります。Webサイトを運営するにあたりHTTPS化は必須となっていますので、本記事ではSynology NASで構築したWebサイトに独自ドメインを設定し、Let's Encryptによる常時HTTPS化設定を行います。
Synology NAS 応用

Synology NASでのWordPressを用いたWebサイト構築

Sylogogy NASでWordPressを用いたWebサイトの構築を行います。WordPressを実行するためには、実行環境としてLAMP環境(「Linux」、「Apache」、「MySQL」、「PHP」)を構築することが必要となりますが、Synology NASではインストーラーにより簡単にインストールすることが出来ます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました