SynologyのNAS DS220+購入とセットアップ

Synology NAS 基本

SynologyのNASの2020年度モデル、エントリークラスでHDDが2ベイの機種としては、DS220+とDS220jがあります。CPU性能やメモリ性能(メモリ拡張性)に差があり、機能の比較とやりたいことを考慮した結果としてDS220+を選定しました。

以下の記事で「Synology NAS」とは何かや、基本的な設定方法や活用手段についてを集めて紹介しています。

参考 Synology NAS 入門

今回は、Synology NASの導入とハードウェアの設定、OSであるDSMのインストールについて紹介します。

1.SynologyのNAS

SynologyのNASは様々な機種がありますが、型番が以下のルールにより命名されていますので、大まかなスペックが型番からわかるようになっています。

[製品タイプ]+[最大HDDベイ数]+[発売年度]+[シリーズ名]

DS220+の場合は

[製品タイプ]DS⇒ デスクトップタイプ
[最大HDDベイ数]2⇒ 2ベイ
[発売年度]20⇒ 2020年度発売
[シリーズ名](プラス)⇒Plusシリーズ

製品タイプには以下のようなバリエーションがあります。

デスクトップタイプDiskStation「DS
ラックマウントタイプRackStation「RS
フラッシュストレージタイプFlashStation「FS

シリーズ名について簡単に紹介します。

シリーズ名位置づけ概要
Jシリーズエントリーホームユーザ、個人向けに最適
ValueシリーズコストパフォーマンスSOHOやワークグループ向け。Jシリーズより高性能なCPUを搭載
し、高いパフォーマンスを提供します。
PlayシリーズマルチメディアValueシリーズにマルチメディア向けの機能を追加したシリーズ。
動画のトランスコードチップを搭載する。
Plusシリーズ高機能Valueシリーズよりさらに高性能なCPUを搭載し、同時接続可能数
や論理ドライブ数が多いなど高いスケーラビリティを備えた中小
企業ビジネス向けのモデル。
FS/XSシリーズビジネス大規模ビジネス向けモデル。仮想化ソリューションに対応し、管理
の集中と効率性を高めることで、コストパフォーマンスを最大化さ
せ、さらに管理を容易にしながら、ストレージを効率化させるため
の強力な大規模向けツールを提供

2.Synology DS220+について

デスクトップタイプでHDD2ベイの2020年度モデルについては、DS220+DS220jがあります。「SynologyのNAS」に記載したとおり、+(Plus)はスモールビジネス向け、Jシリーズがパーソナルユース向けとなります。

個人でNASとしての用途に絞れば、DS220jで十分だと思いますが、自分の場合は単なるNASとしての用途に留まらず、様々な機能を使いこなしたい考えがあったため、あえて高機能モデルである「DS220+」を選ぶこととしました。

DS220+とDS220Jの主な違いは以下となります。

  • CPU性能
  • メモリ搭載量(およびメモリ拡張性)
  • HDDのホットスワップ対応
  • NIC数
  • 仮想化機能の使用可否

DS220+とDS220Jのスペック比較

モデルDS220JDS220+
CPURealtek RTD1296
1.4GHz Quad-Core
Intel Celeron J4025
2.0GHz Dual-Core
搭載メモリ512MB2GB
最大メモリ512MB6GB
ドライブベイ22
RAID対応Hybrid RAID / Basic / JBOD / 0 / 1Hybrid RAID / Basic / JBOD / 0 / 1
ホットスワップ不可
幅 x 高さ x 奥行き[mm]100 x 225.5 x 165108 x 232.2 x 165
重さ0.88 kg1.3kg
消費電力12.46 W14.96W
NIC1(1GbE)2(1GbE)
仮想化不可

3.付属品

付属品は「NAS初心者ガイド」とLANケーブル2本となる。

本体とACアダプタ以外の付属品は 「NAS初心者ガイド」 とLANケーブル2本です。DS220+はNICが2つついており、リンクアグリゲーション設定で使用可能なので2本ついているのだと思われます。

Syonology NASは、NASキットとなっており、本体以外に別途、以下のものを準備する必要があります。

  • HDD(必須)
  • メモリ(お好みにより)

4.HDDの選定と組み込み

HDDはSEAGATEのNAS用であるIronWolfを選定しました。IronWolf Proというさらに上位製品もある模様ですが個人ユースなのでIronWolfで十分であろうと思います。

ブランド用途
BARRACUDA(/PRO)一般用途PC向け。汎用性
FIRECUDAフラッシュストレージを搭載したSSHD。
ゲーミングPC向け。高速
IRONWOLF(/PRO)24時間365日稼働のNAS向け。
年間180TBの作業負荷に耐えられる耐久性(IRONWOLFの場合
SKYHAWK監視システムの映像録画向け。録画の動作に最適化。

Seagate IronWolf 3.5" データ復旧3年付 4TB 内蔵HDD(CMR) 3年保証 6Gb/s 64MB 5900rpm 24時間稼動 PC NAS向け ST4000VN008

Seagate IronWolf 3.5" データ復旧3年付 4TB 内蔵HDD(CMR) 3年保証 6Gb/s 64MB 5900rpm 24時間稼動 PC NAS向け ST4000VN008

HDDの組み込みは、DS220+の場合、ドライブトレイに固定(ねじ止め不要)し、本体にスロットインするだけで完了です。

5.メモリ増設

DS220+は標準でメモリ容量が2GBあり、追加で4GBの増設ができます。増設メモリはSynologyのメーカ純正のものでないとメーカのサポートが受けられなくなります。

メモリスロットはHDDスロットの横にノートPCのメモリスロットと同じ仕様のものがありますので、メモリを差し込んで上から押しこみ、カチッと音がしたら固定完了です。

6.本体背面

背面には電源ポート、LANポート(NIC)が2つ、USB3.0ポートが一つあります。

7.DSM(OS)のインストール

Synology NASはNASキットであり、HDDやメモリの組み込みを行いましたが、同じようにソフトウェアも組み込み(インストール)して使える状態に設定を行う必要があります。

組み込みを行うソフトウェア(OS)はSynology DiskStation Manager (DSM)というOS(オペレーティングシステム)となります。

インストール時のDSMバージョンは、DSM7.0です。

ハードウェアの組み込みが完了して、NASのLANポートとインターネットに接続可能なルーターやネットワークスイッチ間をLANケーブルで接続し、NASの電源をONにします。

しばらくすると、正面のLEDインジケータが点灯状態となり、NASが稼働状態となります。また、この時点ではLANポートはどちらか片方だけの接続としておきます。

同じルーターやネットワークスイッチに接続されているクライアントPC(Windows/MAC)のウェブブラウザで以下のURLを入力し、「WebAssistant」を立ち上げます。

ローカルネットワーク内のNASが自動で検索され、検出されたNASが表示されます。

下記はすでにDSMがインストール済の状態ですが、未インストールの場合は「インストール」釦が表示されるため、「インストール」をクリックし、インストーラーの指示に従ってDSMをインストールします。

詳細については「NAS初心者ガイド」に記されておりますが、主に以下の項目を設定していく必要がありますので、あらかじめ決めておいたほうがインストールがスムーズに進みます。

  • 管理者アカウント
  • Synologyアカウント
  • QuickConnectID
  • ストレージプールの設定(ファイルシステムとRAIDタイプの選定)

管理者アカウントはNASにログインして各種設定を行うアカウントとなります。私の場合はNASにアクセスするためのユーザアカウントと管理者アカウントは別としました。

SynologyアカウントはSynologyが提供しているサービス(Secure SignIn・QuickConnect機能等)を使用するために必要なアカウントとなります。AppleIDやMicrosoftAccountみたいなものです。

QuickConnectIDはQuickConnnect機能(インターネット上のどこからでもNASに簡単アクセスできるサービス)を使用するために必要なIDとなります。
これはDSMインストール時に決めなくてもあとからでも設定できます。
私の場合は覚えやすいように、SynologyのDDNSで設定するドメイン名と同じ名前としました。
DDNSはDSMインストール完了してから設定することと、DDNSで設定できるドメイン名は使用可能かDDNSの設定するまでわからないため、DDNSホスト名とQuickConnectIDを同じとするのであれば、QuickConnectIDも後から設定することを推奨します。

ストレージプールについては、ファイルシステムはBtrfs、RAIDタイプはSHR(Synology Hybrid RAID)としました。

Btrfsは、耐障害性と(データの)修復、扱いやすさにフォーカスするとともに先進的な機能の実装を目的とした、Linux用の近代的なCopy on Write(CoW, コピーオンライト)ファイルシステムです。

8.DSMインストール後の画面と各種アプリケーション

OS(DSM 7.0.1)がインストールできたら、ブラウザで管理画面にアクセスできます。WindowsなどのデスクトップPCライクなインタフェースです。

参照「NAS初心者ガイド P19 2.3 DSMの操作画面

「パッケージセンター」より追加したいアプリケーションが簡単にインストールでき、NAS以外にもWebサーバやWordPressのようなCMS、仮想化機能(ハイパーバイザーやDockerなど)も使えるので、様々なことに活用していけそうです。

タイトルとURLをコピーしました