Windows

スポンサーリンク
Synology NAS 基本

Synology NAS Active Backup for BusinessによるWindowsPCのバックアップ

Active Backup for BusinessはSynology NASにWindowsPCやWindowsサーバ、Linuxサーバのバックアップを行うパッケージです。最新版ではバックアップ対象としてDSM(他のSynology NAS)も追加されています。本パッケージを用いて、自宅のWindowsPCのバックアップを行う設定を行いました。
Synology NAS 応用

Synology NAS DS220+ DSM7.1へのアップデート

SynologyからDSM7.1のアップデートのお知らせが来ていました。 ベータ版ではなく正式リリースとなっていましたので、本番機へのアップデート適用を実施してみました。
Windows

Windowsでレジストリ操作によるUS配列キーボードとJIS配列キーボードの共存

Windowsでレジストリ操作を行ってUS配列キーボードと、JIS配列キーボートを共存させるように設定を行いました。
Synology NAS 応用

Synology NAS DS220+ Virtual Machine Managerによる仮想マシンの作成と運用

Synology NASの高機能モデルで使用できるVirtual Machine Managerという仮想化のパッケージをDS220+にインストール・セットアップし、仮想マシンとしてWindows10を動作させました。
Synology NAS 基本

Synology Driveによるプライベートクラウドストレージの実現

「Synology Drive」はMicrosoftのOneDriveのような機能・インタフェースでWindowsPCからNASのファイルにアクセスできます。Windows PCへのファイルのオンデマンド同期機能の設定も可能です。モバイルノートPC等からインターネット経由でNASにアクセスするのに最適と思います。
Synology NAS 基本

Synology VPNサーバによるインターネットからローカルLANへの接続

VPNは、Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)の略で、直訳すると「仮想専用線」となります。Synology NASに「VPN Server」を設定すると、インターネット側のPCやスマートフォン・タブレット等のVPNクライアントで仮想専用線接続することができます。これにより、インターネット側のクライアントからローカルLAN内のリソースにアクセスすることができます。ローカルLAN内のWindowsPCやVMM(Virtual Machine Manager)の仮想マシン等にインターネット側からデスクトップ接続することができます。また、セキュリティに不安のあるフリーWifi等で接続したときに、VPN回線に接続させることで、通信が暗号化されることにより、セキュリティを向上させることが出来ます。
Synology NAS 基本

Synology NAS WebDAVアクセスの設定

「WebDAV Server」はHTTPプロトコル(HTTPSプロトコル)経由でファイル共有・編集できる機能です。「Synology NASの基本設定」で紹介したフォルダ共有(フォルダマウント)の場合はローカルLAN内でのみ使用可能ですが、WebDAVによるアクセスであればローカルLAN、インターネット経由のどちらからでも共通のインタフェースによるアクセスとなるため、 インターネット経由でモバイルノートPC等でNASをアクセスするのには好都合です。
Synology NAS 基本

Synology NASの基本設定

Synology NASをNASとして使用するための基本設定です。以下の項目を実施します。 アクセスするユーザの作成 ユーザーホームサービスの有効化 クライアントPC(Windows)でのNASフォルダマウント
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました